関連記事 プラグイン

ワードプレスでブログを運営しているのであれば、あわせて読みたい記事(関連記事)を記事中に表示させるプラグインを使っている方が多いと思います。

一般的には、このようなプラグインを使って関連記事を表示させると、サイト回遊率が上昇し、アクセスアップに繋がる。結果的にサイト滞在時間も上昇し、SEO効果も高まると言われています。

こういったあわせて読みたい記事(関連記事)を表示させるプラグインで、多くの方に使われているのが下記の2つです。

  • Similar Posts
  • WordPress Related Posts

見た目上の性能はほぼ同じ。

しかし、どちらがオススメかと言われれば、私の場合は断然Wordpress Related Postsをオススメします。この記事では、その理由やWordpress Related Postsの使い方について詳しく解説します。

Similar Postsは表示される記事の関連性が弱い?

記事中に関連記事を表示させるプラグインの中で最も有名なのが、Similar Postsということもあり、ワードプレスでブログを始めた当初はこのプラグインを使ってきました。

このプラグインを使用するメリットは、表示される関連記事を細かく調整して設定できること。記事、タイトル、タグの内容をどれくらいの割合で抽出して関連記事を表示させる
かまで設定できます。

しかし、私の運営するブログでは、細かい調整を何度か繰り返したはいいものの、全く関連性のない記事ばかりが表示されることが多かったんです…

原因はイマイチはっきりしませんが、この件について取り上げているブログは私以外のブログにもいくつかあったので、不満を感じているサイト運営者はどうやら私だけではないようです。

WordPress Related Postsの設定方法と使い方

そこで次に試したのが、Wordpress Related Postsです。Similar Postsからこのプラグインに切り替えたところ、一瞬でこれまでの悩みが解決しました。

以降で、Wordpress Related Postsの設定方法と使い方について詳しく解説します。

WordPress Related Postsをインストール

WordPress Related Postsのインストールは、ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)で行います。

プラグイン→新規追加

上記のように「プラグイン → 新規追加」と移動して、「WordPress Related Posts」で検索します。

WordPress Related Posts

該当のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」して「有効化」します。

WordPress Related Postsが有効化されると、設定にWordPress Related Postsという項目が追加されます。

WordPress Related Postsの設定

設定

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)で「設定 → WordPress Related Posts」と移動します。

Basic settings

Bacic settings

▼のマークをクリックして、Basic settingsを開きましょう。

  • Related Posts Title
    →関連記事表示のタイトル
  • Related Posts Title
    →関連記事の表示数

「関連記事表示のタイトル」と「関連記事の表示数」を設定できます。

Advanced settings

Bacic settings01

次に▼のマークをクリックして、Advanced settingsを開きましょう。

関連記事表示のデザインを設定します。デザインは8種類あり、プレビュー画面が表示されるので、そちらを参考にしてください。

Bacic settings02

上記画像の各項目にチェックを入れることによって、下記のような設定ができます。

  • Display Thumbnails For Related Posts
    →サムネイル画像を表示する
  • Display Number of Comments
    →コメント投稿数を表示する
  • Display Publish Date
    →記事の公開日を表示する
  • Display Post Excerpt Maximum Number of Characters.
    →記事の抜粋部分を表示する(文字数選択可能)
  • Enable custom CSS
    →カスタムCSSを利用する

Bacic settings03

上記画像の各項目にチェックを入れることによって、下記のような設定ができます。

  • Default thumbnails
    →サムネイルが設定されていない場合の画像を設定する
  • Custom size thumbnails
    →サムネイルのサイズを変更する

Other Settings01

  • Exclude these Categories
    →特定カテゴリーの関連記事表示を除外する

チェックを入れたカテゴリーの記事が関連記事に表示されません。このブログの場合は、チェックを入れないようにしています。

Other Settings02

  • Auto Insert Related Posts (or add コード to your single post template)
    →関連記事を自動表示する

チェックを入れると、記事下に自動的に関連記事が表示されます。自分で好きな位置に表示させたい場合はチェックを外しましょう。このブログではチェックを外して関連記事を表示させる位置を指定しています。

  • Display Related Posts in Feed
    →RSSフィードに表示する
  • Support us (show our minimized logo)
    →プラグイン作者のロゴを表示してサポートする

上記の2つにはチェックを入れる必要はないです。

設定が全て完了したら「Save changes」をクリックして保存しましょう。

好きな位置にあわせて読みたい記事を表示する

あわせて読みたい記事を好きな位置に表示させたい場合は、テンプレートに下記のソースコードを挿入します。

 

手順は以下の通りです。

単一記事の投稿

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)で「外観 → テーマの編集」と移動して、画面右側のテンプレートから単一記事の投稿(single.php)を選択します。

code

このブログではコメント欄の下に関連記事(あわせて読みたい記事)を表示させたかったので、上記の位置にソースコードを挿入しました。ワードプレステーマは賢威7を使っています。

WordPress Related Postsの設定方法と使い方は以上です。

Similar Postsを使っていて、自動で表示される記事の関連性が弱いなと感じている場合は、迷わずWordPress Related Postsを使ってみることをオススメします。