profile

はじめまして、ミヤタと申します。
ブログをご覧になっていただき
ありがとうございます。

私は30歳を超えてからはじめて
ネットビジネスの世界に飛び込み
2年経った現在は、アフィリエイトで
稼いだお金で生活をしています。

ネットビジネスの世界は20代の
若い世代が活躍しているイメージが
強いですが、私のように30代

しかも後発組でも大きな結果を
出すことができる世界です。

ここでは私のこれまでの経歴や
私がどんなことを考え、
今のこの環境に飛び込んだのかという
話をしたいと思います。

読み終わったあとには、初心者が
アフィリエイトで稼ぐための道筋が
きっと見えているはずです。

第1章 新卒でブラック企業偏差値65の企業へ入社

大学を卒業後、私が就職をしたのは
2005年のことです。

当時はIT系ベンチャー企業が
大躍進を遂げている時代でした。

その流れに乗って自分も一花
咲かせてみようという気持ちで
あるベンチャー企業に入社しました。

入社後に始めて知ったのですが、
私が入社した会社は
2ちゃんねる掲示板の
ブラック企業偏差値65の会社。

つまりは、世間一般の
評価で言うと、日本TOPレベルの
ブラック企業だったのです。

私は営業職としてその会社に入社
しましたが、プライベートな時間なんて
ある訳もなく、寝る時間以外は、
ほぼ会社にいました。

日中の業務はテレアポONLYです。

テレアポとは、電話で見込み客である
企業に対して、訪問の約束を取り付ける
作業で、正直かなりしんどい作業です。

電話をかけても断られることがほとんど。
罵倒されることやガチャ切りを
されることも少なくないです。

この業務がストレスとなって会社を
辞める社員も相当な数がいました。

電話をかける以外の業務が
できないように、受話器と手を
ガムテープでグルグル巻きに
されることもあったりと…

そんな都市伝説のようなことが
日常的にあるような環境だったのです。

テレアポ終了後は、翌日のテレアポ用の
リストを作成したり、
事務作業が中心です。

毎日終電で帰宅し、
眠るのは深夜2時くらい。
翌朝は6時半に起きて、
8時半までに出社します。

新卒入社から約3年間は、
毎日がその繰り返しでした。

同期入社は私も含めて20人。
3年後残った社員は私だけです。

ベンチャー企業に入社するということで、
もちろん厳しい環境に飛び込む覚悟は
ありましたが、まさかここまでとは…

体を壊して退職をする社員も多く、
ブラック企業偏差値65の称号は
嘘ではなかったんだなと思いました。

そんな厳しい環境でしたが、
日々自分自身が成長しているのを
肌で感じることができました。

そして、それが自分にとっては
大きなやりがいになっていたのです。

結果的に8年間もこの会社で
働き続けることになります。

第3章 気付けば30歳

がむしゃらに走り続けた結果、
気付けば30歳。

いつのまにか社歴は社長に次いで
二番目となっていました。
役職としても会社のNO.2です。

会社の業績が良ければ、
「これまでの努力が報われた!」
といった展開になったかもしれません。

しかし、残念ながら当時の会社の業績は
低調そのもの。社員の給与を支払うにも
いっぱいいっぱいの状態だったのです。

私の給与は同世代のサラリーマンと
比べるともちろん高かったですが、
会社の現状を考えるともう頭打ち。

サラリーマンとしてのこれからの人生が、
右肩下がりになるであろうことは
何となく実感していました。

そして、朝8時半に出社して、終電で
帰宅するというライフスタイルはいつに
なっても変わることはありません。

「やばいな、俺…」

考えれば考えるほど、今のこの現状が
恐ろしくなりました。

そして、このあたりで始めて
気付くことができたのです。

このままこの会社に依存していても
自分が望む生活は
手に入れることはできない。

だからこそ、例え自分ひとりでも
お金を生み出していけるような力を
身につけていかなければならない。

8年間在籍した会社に愛着は
ありましたが、悩めば悩むほど気持ちが
会社から離れていくのがわかりました。

でも、会社を辞めたとしても
一体何をするんだ?

そう思い悩んでいるときに出会ったのが
アフィリエイトだったのです。

第4章 アフィリエイトとの出会い

私がアフィリエイトというお金の稼ぎ方を
知ったのは、秒速で1億円を稼ぐ男が存在
するというニュースをインターネットで
見かけたことがきっかけです。

はじめは、情報弱者を騙してお金を
稼ぐというイメージが強すぎて、
アフィリエイトに対する
印象は最悪でした。

ただ、たったメール1通を送るだけで
100万円以上を稼げる可能性がある
という点にはビジネスとしての
大きな魅力を感じたことは事実です。

私が在籍していた会社では、
朝早くから夜遅くまで働くことが
美学とされていました。

まさに、時間を切り売りして
お金を稼ぐイメージです。

社会人経験の中では、とにかく仕事量を
こなすという経験も大切です。
特に新人の場合は、質よりも量を
こなしたほうが良い場面が沢山あります。

しかし、量ばかりをこなすような
働き方では、年齢でいうと30歳を
越えたくらいからかなりしんどい
思いをすると思います。

実際、私自身がそうでした。

時間を切り売りするようなビジネスを
続けてきた私にとって、まさに正反対の
位置に存在するかのような
アフィリエイトは非常に気になりました。

気になって、休みの日は一日中
アフィリエイトに関する情報収集を
していました。

調べれば調べるほど、
アフィリエイトの世界が
魅力的に見えてきました。

胡散臭くて怪しい世界ではないと
いうこともわかりました。

よし、やってみよう!

この時、31歳。

アフィリエイトへの挑戦が始まりました。

第5章 トレンドアフィリエイトへの挑戦

私が初めて取り組んだ
ネットビジネスのジャンルは
トレンドアフィリエイトでした。

アフィリエイトに挑戦しようとは
思い立ったものの、結局何をすれば
良いのかが全くわからず…

アフィリエイトに関する情報を
インターネット上で検索する毎日でした。

「コピペだけで月収50万円稼げる!」

「1日1時間の作業で月収100万円が可能!」

今見れば丸っきり嘘だとわかるのですが、
当時の私は天にも昇るような気持ちで
これらネット上で目に留まった有料の
情報商材を購入しました。

それも一つや二つではありません…

情報商材に書いてあるノウハウを一通り
試しては、その次、さらにまた次と、
数千円すら稼げないのに、お金を
吐き出し続けるだけの日々…

あまりに成果が出ないので、
自分には才能がないんだと
何度も諦めそうになりました。

しかし、ここで諦めてしまったら
私には明るい未来はないと、
何度も何度も自らに鞭を入れました。

そして今度は、実践すれば絶対に稼げる
情報商材を何としても探してやると
躍起になり、何百ものブログやサイトに
目を通しました。

吟味に吟味を重ねてようやく何人もの
ネットビジネス起業家たちがオススメ
している、ある情報商材を見つけました。

その情報商材に記載されていたのが、
トレンドアフィリエイトの
ノウハウだったのです。

トレンドの芸能ネタで記事を
量産してアクセスを集めるという
ノウハウでした。

実績のある起業家たちがオススメ
しているんだから、絶対に間違い
ないと思いながらもどうしても
不安が先行してしまいます。

芸能ニュースにはかなり疎いんだけど
大丈夫だろうか…

というのもサラリーマン時代は、
あまりに忙しすぎて、テレビを
見る時間すら全くなかったのです。

EXILEのボーカルが誰かも
知らなかったくらいですから…

その不安は的中しました。

恥ずかしい話ですが、
芸能ネタを中心とした
トレンドブログは開始1週間で
更新を断念してしまったのです。

完全なる甘えで
今考えると情けなさすぎて
しょうがないのですが…

全く興味のないニュースを
毎日更新し続けることは、
苦痛以外の何物でもなかったのです。

しかし、私にはもう後がありません。

このまま諦めるわけには
いかなかったので、芸能ニュース以外の
ネタでトレンドブログを
更新することにしました。

新しいトレンドブログで取り組んだ
ネタが、「パチスロ」と
「スマホゲーム」です。

パチスロは大学生時代にハマっていた
こともあって、かなり知識はありました。

また、スマホゲームにもハマっていて
移動中は常にスマホゲームをしていた
くらいです。

どちらのネタも芸能ニュースのように
拒否反応を起こすようなジャンルでは
なかったので、継続的に記事を
更新することができました。

結果的に、この二つの
特化型トレンドブログが
私のネットビジネススタート時の
大きな実績となっています。

こちらをご覧ください。
クリックで拡大できます。

特化型トレンドブログ 月間PV数

今でも更新を続けている
パチスロの特化型トレンドブログの
2015年4月以降の月間PV(ページビュー)です。

安定して、月間100万PVを超えています。
調子がいい時は月間150万PVを超えます。

月ベースで新規記事公開は約10記事です。

あとは過去記事の修正・更新のみで、
少ない月で20万円、多い月で
50万円以上の収益を生み出している
特化型トレンドブログです。

アフィリエイトで稼げない人が
多いのは、ネット上で無責任な
情報を公開している人が多く

それを鵜呑みにしてしまうから
なんだということに気付きました。

多くの場合は、稼げない人に
問題があるわけではないんです。

第6章 トレンドアフィリエイトから次のステップへ

アフィリエイトで安定して稼げる
ようになって、会社を辞めました。

そして、「前職での経験を活かした
リアルビジネス
」と「ネットビジネス」の
2本柱を事業内容として、会社を起ち上げました。

※現在はネットビジネス中心の事業形態に
移行中です。

起業後は、とにかくたくさんのブログを
立ち上げ、日々トレンドブログの記事を
更新していました。

しかし、トレンドアフィリエイトで
一定のラインまで稼げるようになった
段階で、収入の限界がやってきたのです。

それもそのはず。

トレンドアフィリエイトは私があれほど
嫌だった自分の時間を切り売りして
収入を得る稼ぎ方に似ているからです。

ある程度のコツやノウハウを身に付けたら
あとは記事の更新数がものをいってきます。

時間をたくさんかけて記事を公開すれば
するほど、たくさんのアクセスが集まり
収入が増えていくことになります。

月収50万円を達成したあたりから
それまで少しずつ上昇してきた
収益が平行線になりました。

そこで、私は気付くのです。

あれ?これってサラリーマン時代と変わらないんじゃないの?

毎日たくさんの記事を書き上げて
投稿することの繰り返し。
記事の更新が1週間止まっただけで、
多くの場合、報酬は激減します。

トレンドアフィリエイトは、
ある意味肉体労働のようなもの
なのかもしれません。

そして、同時に大きな不安も
抱えていました。

トレンドアフィリエイト参入者は日々
増え続けています。市場が飽和して、あと
1~2年したらトレンドアフィリエイトで
稼げなくなるんじゃないだろうか?

不安は尽きず、長期的に稼ぎ続ける
ための仕組みを作っていかなければ
ならないと感じるようになりました。

これに気付くことができたのは、
インターネット上で出会った
ネットビジネスの師匠(メンター)の
教えがあったからです。

10年後を見据えたアフィリエイトに取り組もう

トレンドブログの更新に日々
消耗していた自分にとって
まさに目からウロコの考え方でした。

長期的にネットビジネスで収益を得て
いくためには、インターネット上でお金を
生み出す仕組み作りに時間をかけるべき
だということに気付いた瞬間でした。

よくネット上で、ネットビジネスは収益の
自動化が大事という話を目にしますが、
それまでは、全くイメージを
掴むことができませんでした。

しかし、この時始めて、ネット上で収益を
自動化させる仕組みとは何なのかという
ことが、具体的にイメージできたのです。

この気付きによって、停滞していた
私のアフィリエイト収益が数ヵ月後に
再び右肩上がりに上昇を始めました。

第7章 小さな成功体験の積み重ねが大きな成功を生み出す

さらには私がこれまで培ってきた
アフィリエイトで成果をあげるための
ノウハウをネットビジネス初心者に
向けて情報発信をしています。

この情報発信を始めた目的は、
私がそうだったように

アフィリエイトで稼ぎたいけれども
何から始めたら良いのかわからない方に
結果を出してもらうためです。

まだ始めて間もないですが、私の
情報発信がきっかけとなって、
アフィリエイトで稼げるようになった方が
少しずつ増えてきています。

私自身、全く知識ゼロの状態から挫折を
繰り返しながらステップアップを
してきたので、ネットビジネス初心者が
つまづきやすいポイントも理解しています。

1万円を稼げたら10万円を
稼げるようになってもらい

その次に50万円、100万円と
稼げるように、少しずつ段階を踏みながら
ステップアップしてもらっています。

小さな成功体験の積み重ねが
大きな成功を生み出すのです。

いきなり大きな成功を目指そうと
思っても、大抵の人が成果をあげる前に
挫折をしてしまいます。

アフィリエイト実践者の95%が
5000円以上も稼ぐことが
できないと言われているのは

アフィリエイト初心者に、いきなり
難しい事や、再現性の無い事を教えている
アフィリエイト指導者が多いからです。

ゼロに近い状態から、小さな成功体験を
積み重ねることなく、いきなり大きな
成功を目指すと、ほとんどの
アフィリエイト初心者は失敗します。

これまでの私の経験から自信を持って
断言できるのですが、再現性のある
アフィリエイトでの稼ぎ方を学び

それさえ実践すれば、
どんな人でも稼げるようになるのです。
特別な才能なんて必要ありません。

私の情報発信がきっかけとなって
多くの方が目標を達成しているのは

アフィリエイト初心者が稼げるように
なるまでの正しいステップを踏んで
もらっているからです。それは、
難しい内容なんかじゃありません。

だからこそ、自分の可能性を信じて
真面目にアフィリエイトに取り組むことが
何よりも大切だと私は思います。

それでは、最後までご覧になっていただき
ありがとうございました。