スパムコメント対策 プラグイン

ワードプレスでブログを運営してある程度の期間が経過すると、ほぼ例外なく大量のスパムコメントが届くようになります。

スパムコメントは海外のサーバーから自動的に投稿されるケースが多いようで、その目的は単なる宣伝行為であったり、詐欺サイトへの誘導であったり様々です。

私が運営してるブログには毎日数百件ものスパムコメントが届くブログもあります。ここまでくると大量のスパムコメントをいちいち手動で削除するのも面倒ですよね…

こういったスパムコメントは、AkismetとThrows SPAM Awayという2つのプラグインで簡単に対策できます。この記事ではこの2つのプラグインの使い方について詳しく解説します。

Akismetの設定方法・使い方

Akismetはワードプレスに最初からインストールされているプラグインです。スパムコメント対策のほとんどがこのプラグインで解決できるので、まずはAkismetを活用していきましょう。

Akismetの設定方法・使い方の手順は以下の通りです。

Akismetの設定方法01

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)左メニューから「プラグイン 」をクリックすると、インストールされているプラグイン情報(Akismetは初期設定でインストールされている)が表示されます。その画面でAkismetの「有効化」をクリックしましょう。

Akismetの設定方法02

プラグインが有効化になると「Activate your Akismet account」が表示されるのでクリックしてください。

Akismetの設定方法03

上記画面が表示されるので「Get your API Key」をクリックしてください。

Akismetの設定方法04

Akismetの公式ページ(別サイト)に移動します。「GET AN AKISMET API KEY」をクリックしてください。

Akismetの設定方法05

必要事項を記入します。記入完了後、「Sign up→」をクリックしてください。

Akismetの設定方法06

Basicの「GET STARTED」をクリックしてください。

Akismetの設定方法07

First nameに名前、Last nameに名字を記入し、画面右側のつまみ部分を一番左に移動させると$0.00/YEARになり、Akismet無料で使うことができます。全て完了したら「CONTINUE」をクリックしてください。

Akismetの設定方法08

API Keyが表示されます。「AUTOMATICALLY SAVE YOUR AKISMET API KEY」をクリックしてください。

Akismetの設定方法09

以上でAkismetの設定は完了です。

ワードプレスサイトのスパムコメント対策は、基本的にはAkismetを設定するだけで十分です。

ただし、私の場合もそうでしたが、Akismetを設定していてもスパムコメントの投稿を防ぎきれないケースがあります。その場合、Akismetと併用してThrows SPAM Awayを使うことで完全にスパムコメントを防ぐことができました。

以降で、Throws SPAM Awayの設定方法と使い方も詳しく解説します。

なお、上記の設定で取得したAkismetのAPI Keyは別サイトでも使用可能です。複数サイトを管理している場合は、一度取得したAPI Keyを使用してください。

Throws SPAM Awayの設定方法と使い方

私のブログで、Akismetを有効化しているにも関わらず、スパムコメントの投稿を防ぎきれないケースがありました。何か対策はないかと検討していたところ、Akismetと併用してThrows SPAM Awayを使うことで完全にスパムコメントを防ぐことができました

Throws SPAM Awayの設定方法・使い方の手順は以下の通りです。

Throws SPAM Awayの設定方法01

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)のメニューから「プラグイン」→「新規追加」と移動し、「Throws SPAM Away」と検索、インストールして有効化します。Throws SPAM Awayの設定は基本的にこれだけでOKです。

Throws SPAM Awayの機能は下記の通り。

  • コメントに日本語の文字列がない場合は無視する
  • NGキーワードを含むコメントを無視する
  • リンクが3つ以上(初期設定)含まれるコメントを無視する
  • スパムロボットにより自動生成されたと思われるコメントを無視する
  • 指定IPアドレスからのコメントを無視する

細かい設定も可能ですが、前述の通り、基本的にはデフォルトの設定のままで問題ないです。

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)のメニューに「Throws SPAM Away」の項目が追加されています。細かい調整をしたい場合には「Throws SPAM Away」をクリックして設定画面から行ってください。

初期設定では、コメント送信ボタンの下に、「日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)」という表記が出ます。気になる方は、この表記の削除や変更も可能です。

以上でThrows SPAM Awayの設定は完了です。

AkismetとThrows SPAM Awayの2つのプラグインがあれば、スパムコメントに悩むことはなくなるはずです。