keyword-planner-change-obi

特化型ブログやトレンドブログの運営において、めちゃくちゃ重宝する便利ツール「Google Adwordsのキーワードプランナー」の仕様が変更されました。

残念ながら、かなり厳しい仕様変更で、今後のブログ運営には少なからず影響が出るでしょう。

仕様変更が初めて確認されたのが、インターネット上の情報だと2016年8月9日。その後、Googleによる公式発表があり、今回の仕様変更は確定的なものとなりました。

アカウントによっては、まだ仕様変更されていない場合もありますが、今後、間違いなく仕様変更が進むそうです。

今回は仕様変更の詳細や仕様変更後の対策をお伝えします。

キーワードプランナーの月間平均検索ボリュームがざっくりとした数字に!

仕様変更の詳細を具体的にお伝えするために、変更前と変更後を比べてみましょう。

これまでの月間平均検索ボリュームの数字

keyword-planner-change01

(↑画像はクリックで拡大可能)

これまでは画像のように、月間平均検索ボリュームの項目に具体的な数字が記載されていました。

この数字は、月間でどのくらいのキーワードが検索されているかの目安となる数字で、ブログ記事のキーワード選定や特化型ブログのテーマとなるジャンル選定なんかにかなり役立っていました。

仕様変更後の月間平均検索ボリュームの数字

keyword-planner-change02

(↑画像はクリックで拡大可能)※画像はイメージ

ところが、仕様変更後は、これまで具体的だった数字が画像のようにかなりざっくりとした数字に…

「1000~1万」「1万~10万」といった具合に、かなりアバウトな範囲数字が記載されるようになります。さらに、月間平均検索ボリュームのグラフも出てこなくなります。

Googleの公式発表

Googleの公式発表は以下の通り。現時点では大半の(お金を使っていない)アカウントに変化はないそうですが、今後、順次仕様変更が進んでいくと考えられます。

・ほとんどの広告主は、これまで通り検索ボリューム数を閲覧可能です。

・月額広告費の少ない広告主は、データ閲覧が制限されます。例えば、(具体的な数字ではなく)1-100、1000-10000、100万以上、といった形式で、平均月間検索数が表示されます。

Googleの公式発表

これが無料ツールの怖いところです。ツールの運営会社が仕様変更すると言ったら、こちら側は従うしかありません。

それでも、ここまで高性能なツールを今まで無料で提供していただいていたので、文句を言うことはできないですよね。素直に、今後の対策を考えたほうがよいでしょう。

キーワードプランナーの仕様変更によるデメリットは?

まずは、キーワードプランナーの仕様変更になったことでのデメリットから考えてみましょう。

月間平均検索ボリュームの数字がざっくりした範囲数字になることのデメリット

これまで、記事を作成する際に、あらかじめキーワードプランナーで平均検索ボリュームを調べ、そのキーワードで上位表示できた時のアクセス数を予測していた方が多いはずです。

それが、キーワードプランナーの月間平均検索ボリュームの数字がざっくりとした範囲数字になることによって、予測がほとんど不可能になりました。

元々、キーワードプランナーの月間平均検索ボリュームの数字自体も、やや信憑性に欠けるものでしたが、それでも今回の仕様変更によって、コンテンツ作成に影響があることは間違いありません。

月間平均検索ボリュームのグラフが見えなくなることのデメリット

また、月間平均検索ボリュームのグラフが見えなくなることによって、そのキーワードが安定してアクセスがあるものなのか、一時的にアクセスがあるだけなのかが判断しにくくなりました。

例えば、「お彼岸」というキーワードであれば、3月と9月に検索ボリュームはピークになり、他の月ではほとんど検索されることがないというのが、月間平均検索ボリュームのグラフを見ればわかります。

このように、月間平均検索ボリュームのグラフが見れなくなることによって、キーワードの旬な時期がわかりにくくなったということです。

ただし、この点に関しては、Googleトレンドというツールで代用できるのでご安心ください。Googleトレンドに難点があるとすれば、Googleトレンドのグラフはキーワードの旬な時期を分析することはできますが、検索ボリュームの数字は表示されない点です。

google-trend

(↑画像はクリックで拡大可能)

ブログ運営者はこれからどうする?その対策は?

キーワードプランナーの仕様変更によって、大慌てしている方もいると思いますが、改めて考えてみると、私はそこまで大きな問題ではないと思います。

どうしてもキーワードプランナーを使いたい場合は、Google Adwordsに広告を出稿してお金を払いましょう。ただし、どの程度の金額を払えば、詳細な月間検索ボリュームを見れるようになるかは現時点では不明です。

仮にキーワードプランナーを使えなくなったとしても、虫眼鏡やサジェストを活用して、キーワードを選定すれば、記事はいくらでも作成することができます。キーワードの旬な時期もGoogleトレンドを活用すれば完璧ににわかります。

今回、突然キーワードプランナーが使えなくなったことに驚いた方も多いと思いますが、環境の変化が起こるのは至極当然のことです。長期的にブログやアフィリエイトで稼ぐためには、どんな環境の変化にも順応できる力が必要なんだと今回のキーワードプランナーの仕様変更によって改めて気付かされました。