画像拡張子

ブログ運営において、ヘッダー画像やサムネイル画像など、画像の使い方はとても重要です。

こういった画像には様々な形式・フォーマットが存在します。一般的に広く認知されている形式は、GIF・JPG・PNG・BMPの4つ。このブログで使っている画像のファイル形式は主にPNGとJPG(JPEG)です。

ブログ運営をする上では、各ファイル形式の違いや特徴などを理解して、用途に合わせて使い分けることをオススメします。サイトの印象を決める上で、画像の使い方は非常に重要です。

画像ファイルの拡張子別の特徴や軽さ、画像の違いは?

この記事で紹介するのは、一般的に広く認知されているGIF・JPEG・PNG・BMPの4種類の画像ファイルです。それぞれの特徴をまとめます。

GIF(Graphics Interchange Format)

ファイル形式 拡張子 読み方
GIF .gif ジフ
特徴
  • 最大256色まで対応
  • アイコンやイラストなど平坦な画像に向いている
  • 写真など多くの色数を必要とする画像には不向き
  • アニメーションにできる

JPEG (Joint Photograph Experts Group)

ファイル形式 拡張子 読み方
JPEG .jpg(.jpeg) ジェイペグ
特徴
  • 最大1670万色まで対応
  • 多くの色数を必要とする写真などの画像に向いている
  • グラデーションのように色調が連続して変化する画像には向いている
  • アイコンやアニメ調の平坦な画像には不向き
  • 画像を圧縮すると画質が劣化しやすい

PNG(Portable Network Graphic)

ファイル形式 拡張子 読み方
PNG .png ピング
特徴
  • 最大1670万色まで対応
  • 多くの色数を必要とする写真などの画像に向いている
  • グラデーションのように色調が連続して変化する画像には向いている
  • アイコンやアニメ調の平坦な画像には不向き
  • 画像を圧縮しても画質が劣化しない
  • JPEGよりもファイルサイズが大きくなりやすい

BMP(Bitmap)

ファイル形式 拡張子 読み方
BMP .bmp ビットマップ
特徴
  • 最大1670万色まで対応
  • Windows標準の画像形式
  • 画像を圧縮しても画質が劣化しない
  • ファイルサイズが大きく、ブログなどの使用には適していない

画像のクオリティを重視するブログにはPNGがオススメ

以上がGIF・JPEG・PNG・BMPの4種類の画像ファイルの特徴まとめです。

画像の用途によっても違ってきますが、画質の綺麗さは「BMP>PNG>JPEG>GIF」の順になり、ファイルサイズの大きはそれとは全く逆の「GIF>JPEG>PNG>BMP」となります。

このブログの場合は、全体的なデザインをシンプルにしていることもあり、ヘッダー画像やサムネイル画像が非常に目立ちます。そのため、使用する画像は吟味した上で、なるべく綺麗なものを選ぶようにしています。クオリティ重視です。

また、ワードプレスの設定やプラグインについて解説する記事においては、PC画面のキャプチャ画像を多く使用していますが、画質が劣化していると非常に見にくくなってしまいます。

JPEGを使用すると、画像を圧縮した場合に画質が劣化してしまうため、はっきりと見やすく綺麗な画像を使用したい場合は、PNGを使うようにしています。

PNGはファイルサイズがGIFやJPEGに比べるとやや大きいことが難点ですが、「TinyPNG」を使って画像を圧縮することもできます。画像を圧縮しても画質はほとんど劣化しないので、オススメです。

>>「TinyPNG」の使い方はこちらから