Google XML Sitemaps

WordPressプラグインGoogle XML Sitemapsを使って、Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録する方法を解説します。

XMLサイトマップはクローラーがサイト内を巡回するためのサイトマップです。XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに登録することで、検索エンジンに投稿記事をしっかり認識してもらえるようになります。

Google XML Sitemapsを使ってXMLサイトマップを作成する方法

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)で「プラグイン → 新規追加」と移動して、「Google XML Sitemaps」を検索。該当のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」して「有効化」します。

末尾にsが付いていない「Google XML Sitemap」というプラグインがあります。名称は似ていますが、全く別物のプラグインです。末尾にsが付いている「Google XML Sitemaps」をインストールしてください。

Google XML Sitemapsを有効化すると、こちらの画像のように管理画面(ダッシュボード)のメニューに「XML-Sitemap」が新規追加されます。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsを有効化したら、特に細かい設定は必要ありません。

Google Search Consoleにサイトマップを送信する方法

Google XML Sitemapsを有効化したら、次はGoogle Search Consoleにログインして、サイトマップを送信します。Google Search Consoleの登録方法とサイトマップの送信手順はこちらの記事を参考にしてください。

>>Google Search Console(ウェブマスターツール)へのサイト登録方法とサイトマップ送信手順

一度サイトマップを送信すれば、以降はプラグインが自動で処理を行ってくれます。

以上でGoogle XML Sitemapsの設定は完了です。