Google Search Consoleの使い方

Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)はグーグルが提供している無料のWEBサイト管理ツールです。Google Analyticsと並んで、ブログを運営する上では必ず使って欲しいツールですね。

Google Search Consoleを使うメリットは以下の通り。

  • サイトマップ送信によるSEO強化
  • 検索エンジンへのインデックススピードの高速化
  • サイトへの流入キーワードの見える化
  • 検索結果順位の見える化
  • 他のサイトからどれくらリンクされているかを見える化

ご覧になっていただければわかる通り、ブログアフィリエイトで稼ぐためには必須のツールです。

Googleアナリティクスにも同じことが言えるのですが、無料ツールにも関わらず、機能がたくさんありすぎて、難しく感じてしまう方が多いです。実際に使う機能は少しだけなんですけどね…

そこで、この記事では、「アフィリエイトに活かせる機能のみを使いこなす」をテーマにGoogle Search Consoleの設定方法から使い方までを詳しくご紹介します。

Google Search Consoleの登録・設定方法

Google Search Consoleの登録にはGoogleアカウントを持っている必要があります。まだの方は、先にGoogleアカウントを取得してください。

また、先にGoogleアナリティクスへの登録を済ませておくと、Google Search Consoleへの登録がスムーズに進みます。アフィリエイトには必須のツールなので、先にGoogleアナリティクスへの登録をしてください

>>Googleアナリティクスへの登録方法

以降、Google Search Consoleへの登録方法を解説します。

まずは、Google Search Consoleにログインします。

>>Google Search Consoleへのログインはこちらから(外部リンク)

次に、サイトのURLを入力し、「サイトを追加」をクリックしてください。

Google Serch Console登録方法01

最後に、サイトの所有権を確認してGoogle Search Consoleへの登録は終了です。

サイトの所有権を確認する方法はいくつかありますが、最も簡単なのがGoogleアナリティクスのアカウントを使用する方法です。

下記の画面で「別の方法」をクリック。「Googleアナリティクス」にチェックをして、「確認」をクリックしてください。

Google Serch Console登録方法02

「サイトURL所有権が確認されました。」と表示されれば、Google Search Consoleへの登録は完了です。

Google Search Consoleでサイトマップを送信

Google Search Consoleへの登録完了後、サイトマップを作成してGoogle Search Consoleでサイトマップ送信します。

サイトマップの作成には、ワードプレスプラグインのGoogle XML Sitemapsを使ってください。

>>Google XML Sitemapsの設定方法と使い方

サイトマップを作成後、Google Search Consoleのダッシュボードのメニューから「クロール→サイトマップ」と進んで、画面右側上部の「サイトマップを追加」をクリックしてください。

Google Serch Consoleサイトマップ登録01

空欄部分に「sitemap.xml」と記載して、「サイトマップを送信」をクリックしてください。

Google Serch Consoleサイトマップ登録02

以上で、サイトアップの送信が完了です。

Google Search Consoleの「Fetch as Google」で強制インデックス

サイト開設当初は、記事を投稿しても検索エンジンにインデックスされるまでにかなりの時間がかかります。一週間経ってもインデックスされないことがあるくらいです。

そんな時に役に立つのが、Google Search Consoleの「Fetch as Google」です。「Fetch as Google」を使うと、投稿したばかりの記事が検索エンジンにインデックスされるのを強制的に早くすることが可能です。

以降でFetch as Googleの使い方をご紹介します。

まずは、Google Search Consoleのダッシュボードのメニューから「クロール」→「Fetch as Google」をクリックしてください。

Google Serch Console使い方01

下記画像のように、インデックスさせたい記事のURLを入力して、「取得」をクリックしてください。末尾の「/」を忘れないように注意です

Google Serch Console使い方02

「インデックスに送信」をクリックしてください。
※上記の作業で末尾の「/」を忘れると、下記画像のようにステータスに「リダイレクトされました」という表記が出ます。

Google Serch Console使い方03

下記画像のように「送信方法の選択」画面に切り替わるので、「このURLのみをクロールする」にチェックをして、「送信」をクリックしてください。

Google Serch Console使い方04

下記画像のように、「インデックスに送信されたURL」と表示されれば完了です。

Google Serch Console使い方05

以上の作業を行うことで、驚く程早く投稿記事がインデックスされます。アフィリエイトを実践していて、インデックス速度が重要な局面では、Fetch as Googleをうまく使いこなせると良いですね。

Google Search Consoleでサイトを分析

Google Search Consoleで、「クリック数」「表示回数」「CTR(クリック率)」「掲載順位」を確認することが可能です。

「クエリ(検索エンジンで検索されたキーワード)」や「ページ」ごとにそれぞれの項目を確認できるので、サイトをあらゆる面から分析することができます。

Google Search Consoleのダッシュボードのトップページから「検索アナリティクス」をクリックしてください。

Google Serch Console検索アナリティクス01

「クエリ(検索エンジンで検索されたキーワード)」ごとに「クリック数」「表示回数」「CTR(クリック率)」「掲載順位」を確認してみましょう。

Google Serch Console検索アナリティクス02

Google Serch Console検索アナリティクス03

これ以上の話はかなり難しい話になるので省略しますが、サイトの現状を分析する上では役に立つ機能だと思います。

まとめ

「アフィリエイトに活かせる機能のみを使いこなす」をテーマとした、Google Search Console(旧ウェブマスターツール)の設定方法から使い方に関する解説は以上となります。

GoogleアナリティクスとGoogle Search Consoleは、サイトやブログを分析する上ではなくてはならないツールです。アフィリエイトで稼ぐためには必須のツールとも言えるので、必ず設定方法や使い方を覚えましょう。