Google AdSense

Google AdSense(グーグルアドセンス)の申し込みと一次審査、二次審査の申請方法を詳しく解説します。

トレンドアフィリエイト実践における主な収益源は今回ご紹介するGoogle AdSenseとなります。Google AdSenseは収益性が優れている反面、数あるクリック型広告の中でも審査内容や規約が厳しいことで有名です。

長期的にGoogle AdSenseを通じて収益を獲得し続けるためにも、今回紹介する内容は確実に理解して、Google AdSenseアカウントの申請を行ってください。

まずはGoogle AdSenseの基本を抑えたいという方は、こちらのGoogle AdSenseの概要説明動画をご覧ください。二分弱の動画でGoogle AdSenseの概要が端的に紹介されています。

Google AdSenseへの申し込みの前に

Google AdSenseへの申し込みは、目安として10記事以上を書いてからにしてください。コンテンツ量があまりにも少ないと一次審査に通過しない場合があります。

さらに、下記事項についても再度確認をしましょう。

コンテンツの量
→1記事800文字程度が目安

コンテンツの質・テーマ
→性的な表現や暴力的な表現、反社会的なテーマなどはNG

ブログの運営期間
→最低1週間以上の運営が目安

あくまで目安ですが、これらをクリアしてからGoogle AdSenseの一次審査へ申請するようにしましょう。

Google AdSense 一次審査の申請方法

まずは、Google AdSenseのホームページへアクセスします。

Google AdSenseのホームページはこちら(外部リンク)

お申し込みはこちら」をクリックしてください。Google AdSenseの審査への申し込みは、Googleアカウントを作成していることが前提条件です。Googleアカウントを取得していない場合は、「アカウントを作成」をクリックして取得してください。(所要時間5分程度)

Google AdSense01

はい」をクリックします。

Google AdSense02

ウェブサイト」にブログのURLを入力し、「コンテンツの言語」は日本語を選択します。

Google AdSense03

連絡先情報を全て入力し、「お申し込みを送信」をクリックしてください。「お支払い受取人の名前」は銀行口座の氏名を一致している必要があるので、注意してください。

Google AdSense04

以上でGoogle AdSenseの一次審査への申し込みは完了です。あとは審査結果が届くのを待ちましょう。審査結果は数日で登録したGmailアドレスに届きます。

ここでの審査は機械的なもので、主にブログのコンテンツ量などを審査の対象としているものと思われます。

一次審査に通過したら、次は二次審査へ申し込みます。

Google AdSense 二次審査の申請方法

Google AdSenseの二次審査への申し込み方法を解説します。

二次審査への申請方法は、「自分のブログにGoogle AdSenseの広告コードを貼ること」です。

Google AdSenseの広告ユニットの作成及び広告コードの取得については、こちらのAdSenseヘルプを参照してください。

AdSenseヘルプ 広告ユニットの作成及び広告コードの取得について(外部リンク)

Google AdSenseの広告コードを取得したら、ブログに貼り付けます。ワードプレスのブログ記事中にGoogle AdSenseの広告を貼り付ける方法はこちらをご覧ください。

【トレンドブログの収益を最大化】プラグインAdSense Managerを使ってブログ記事中にアドセンス広告を貼る方法

広告コードを貼った後にブログを確認すると、広告が表示される場所に空白のスペースができます。

二次審査の審査結果の通知はなく、審査に通過するとこの空白部分に広告が表示されるようになります。審査に通過していれば、広告コードを貼り付けてからどんなに長くても1週間以内には広告が表示されるはずです。

二次審査では、コンテンツの質がGoogle AdSenseの規約に沿ったものかどうかが人の目によって確認されているものと思われます。

以上で二次審査の申請は完了です。

トレンドアフィリエイトの収益化において、Google AdSenseは切っても切り離せないほど重要なものです。一次・二次審査は確実に通過できるようにしましょう。