auto-sitemap-obi

サイトやブログのコンテンツが増えていくと、サイト全体のコンテンツを1ページで確認できるサイトマップがあると便利です。ただし、コンテンツを新規公開するごとにサイトマップを更新するのはかなり面倒…

そこで今回ご紹介するWordPressプラグインが「PS Auto Sitemap」。サイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

当ブログの「目次」も、PS Auto Sitemapを使ってページを作成しています。

PS Auto Sitemapを使ってサイトマップを作成する方法

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)で「プラグイン → 新規追加」と移動して、「PS Auto Sitemap」を検索。該当のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」して「有効化」します。

PS Auto Sitemapを有効化すると、管理画面(ダッシュボード)のメニュー「設定」に「PS Auto Sitemap」が新規追加されます。「PS Auto Sitemap」をクリックして細かい設定をしていきましょう。

サイトマップを表示する固定ページを作成

管理画面(ダッシュボード)のメニュー「設定」の「PS Auto Sitemap」をクリックすると、下記の設定画面に移動します。

auto-sitemap1

ここで、画像の赤枠で囲った部分をコピーします。

auto-sitemap2

コピーしたショートコードはこちらです。

まずは、管理画面のメニュー「固定ページ→新規追加」でサイトマップ用のページを作成していきます。この時に、下記画像の赤枠で囲んだ「テキスト」タブをクリックしておきましょう。

auto-sitemap3

次にタイトルを入力し、本文に先程コピーしたショートコードを貼り付けします。タイトルは「サイトマップ」や「目次」など任意のタイトルにしてください。

suto-sitemap4

一旦ここで「下書き保存」します。そうすると、このページのパーマリンクが表示されます。

auto-sitemap5

パーマリンクを任意で設定できるのであれば、パーマリンクは「sitemaps」に変更しましょう。

suto-sitemaps6

全ての作業が完了後、「公開」をクリックして、固定ページを公開しましょう。

ページ公開後、ブラウザの上部に表示されているURLを確認します。URLの「?post.php?post=[ ID ]&action?」の[ID]の部分にある数字をコピーしてください。下記の画像の場合は、赤枠で囲った「○」の部分です。

auto-sitemap7

PS Auto Sitemapの設定方法

PS Auto Sitemapの設定画面に戻ります。

赤枠で囲った「サイトマップを表示する記事」に先程コピーした[ID]を貼り付け(入力)してください。PS Auto Sitemapを使って作成したページが表示されない原因のほとんどは、PS Auto Sitemapの設定画面に[ID]を入力していないことです。

auto-sitemap8

設定が終わったら、「変更を保存」をクリックします。

それ以外の設定はデフォルトのままで、設定を変更する必要はありません。新規公開したサイトマップを確認して、設定内容がしっかり反映されていればOKです。

PS Auto Sitemapの設定方法に関する解説は以上となります。便利なプラグインなので、必ず導入するようにしましょう。