AdSense-Manager

トレンドアフィリエイトの収益化において、アドセンス広告はまさに生命線です。ブログに大量のアクセスを集めることが大前提ですが、アドセンス広告のクリック率を高める工夫も忘れてはいけません。

Googleアドセンスの収益を最大化するアドセンス広告の配置はこちらの記事で紹介させていただきました。ポイントは二点。記事中に広告を挿入するという点とサイズが大きい広告を使用するという点です。

>>【トレンドアフィリエイト実践者必見】収益の最大化を狙うアドセンス広告の貼り方・配置やサイズ・種類(準備中)

記事中にアドセンス広告を貼ろうとすると、記事作成ごとに長い広告コードを毎回入力しなければなりません。

でも、そのやり方だと記事を編集するときに長いコードは邪魔ですし、「コードはできる限りシンプルに」というGoogleの指針からもかけ離れてしまいます。

そこで役に立つのがプラグインAdSense Managerです。登録したアドセンスの広告コードを1行のコードに短縮することができます。

この記事では、プラグインAdSense Managerの設定方法や使い方について詳しく解説します。

AdSense Managerの設定方法

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)で「プラグイン → 新規追加」と移動して、「AdSense Manager」を検索。該当のプラグインが表示されるので、「今すぐインストール」して「有効化」します。

AdSense Managerを有効化した後に、「投稿 → Ad Units」と移動して「Ad Units」をクリックしてください。

AdSense Manager01

入力欄の中にアドセンスの広告コードを貼り付けます。

その際、「スポンサードリンク」の表記や改行タグ、センター寄せタグも一緒に登録しておきましょう。下記の例を参考にしてください。

入力完了後、「Import」をクリックしてください。

AdSense Manager02

すると、下記の画面に切り替わります。画面右側の「Code」の入力欄に先ほど入力した広告コードが表示されているはずです。

AdSense Manager03

「Name」の入力欄に任意の英数字の文字列を入力してください。記事に挿入する場合は、[ad#入力した文字列]というコードを挿入します。

AdSense Manager04

「Display Option」の選択バーは初期設定では全て「Use Default」となっています。これを全て「Yes」に変更してください。

AdSense Manager05

全ての設定が完了したら「Save Changes」をクリックします。

AdSense Managerの使い方

ブログ記事の投稿画面に[ad#入力した文字列]を挿入するだけでOKです。

すると、コードを挿入した位置にアドセンス広告が表示されます。

コードを入力する際は、プラグインのAddQuicktagを活用すると記事作成時の効率化につながります。AddQuicktagは記事作成時において非常に便利なプラグインなので、必ず使うようにしてください。

>>WordPressプラグインAddQuicktagの使い方(準備中)

以上がAdSense Managerを使ってクリック率の高い位置にアドセンス広告を配置する方法の紹介です。

アドセンス広告を貼り付ける位置次第で、トレンドブログの収益はガラッと変わります。今回紹介したAdSense Managerの使い方は是非ともマスターしましょう。