adsense-limit-obi

Googleアドセンスに大きなルール変更がありました!

変更があったのはAdSenseポリシーの「適切な広告配置」に関する内容です。

これまでは、1ページにアドセンス広告を3つまでしか設置できないという明確なルールがあったのですが、2016年8月中旬以降、1ページ内のアドセンス広告設置数の上限が無制限になったのです。

これだけを見ると、「広告収入アップの大チャンス!」と感じてしまいそうですが、そう簡単な問題ではなさそうです。

特に当ブログの読者様に多い、トレンドブログや特化型ブログの運営者には極めて重要な内容なので、今回のルール変更や私なりの見解についてまとめたいと思います。

適切な広告配置に関するAdSenseポリシーの変更点

まずは変更になった箇所を見てみましょう。

変更になったのは、AdSenseヘルプの「プログラム ポリシー > 広告掲載に関するポリシー」の部分です。

これまでのAdSenseポリシーの内容

adsense-rule

(↑画像はクリックで拡大可能)

これまではご覧の通り、明確に「コンテンツ向けAdSenseユニットは3つまで」「リンクユニットは3つまで」「検索ボックスは 2 つまで」というルールが記載されていました。

変更後のAdSenseポリシーの内容

ところが、この度のルール変更で、「1ページに配置可能な広告の上限」がなくなり、代わりに「価値の高い広告枠」という項目が追加されています。全文は以下の通りです。

価値の高い広告枠

広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならないものとします。また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。そのため、ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

許可されないページの例を次に示しますが、これらに限定されません。

・第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに、コンテンツをミラーリング、フレーム処理、スクレイピング、リライトしたページ

・サイト運営者様が提供したコンテンツよりも、広告の方が多いページ

・手動によるレビューやキュレーションなしで、自動生成されるコンテンツのページ

・広告配信専用ページ、コンテンツのないページ

・ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないページ

引用元:AdSenseヘルプ

つまりは、広告の設置数の上限はなくなりましたが、広告の数に見合った価値のあるコンテンツ(記事)でなければ、広告が無効、もしくは表示を制限される場合があるということです。

なんだか怖い表現ですよね…
そして、いつものように非常に曖昧なルール(笑)

Google特有の不明確な基準

AdSenseポリシーには、解釈次第でどうとも取れそうな非常に曖昧でわかりにくいルールが多いです。

今回のルール変更にしてもそう。「どのようなコンテンツ(記事)であれば、どれくらいの広告を設置できるのか」という明確な答えがないのです。

その答えや判断は、全てGoogleに委ねられることになります。アドセンス広告を設置しているブログ運営者は、Googleの行動理念や意志を尊重しながら行動をしないと、最悪な事態に陥ることもあるということです。

アドセンス広告の設置数は増やすべきか?

今回のルール変更は、個人的には朗報です。

ブログアフィリエイトやネットビジネスでこれから長期的に稼いでいこうと考えている人は、コピペやリライトに頼らず、良質なコンテンツを作ろうと考えている方が多いはずです。

数年前から、ペラサイトや品質の悪いサイトが検索エンジンの圏外に飛ばされるような制裁が度々実施されたり、今回のルール変更だったり、Googleがより一層コンテンツの価値を重視するようになっているというのがわかりますよね。

コンテンツの質を重視して、ブログを運営しているのであれば、アドセンスの広告設置数は個人的には増やすべきだと思います。広告収入アップの大チャンスです。

ただし、やはりバランスは大切ですよね。

「このブログは広告が多すぎてウザいな…」と感じるユーザーがあまりにも多すぎるようであれば本末転倒です。

私の場合は、3000~4000文字を超える長文のコンテンツを中心に1~2枚の広告を増やすといったところから始めたいと思います。もちろん、広告設置数を増やした後は、目視でコンテンツ量と広告設置数のバランスを確認しなければなりません。この辺のさじ加減は感覚的なものになっちゃいますね。

まとめ

今回のルール変更は曖昧な部分も多いですが、結論、ユーザーに価値あるコンテンツを提供するという気持ちで記事を更新している人には、追い風でしかありません。

そして、今回の件で、Googleの「コンテンツの価値の重視」の姿勢がより強固なものになっていることが理解できました。

アフィリエイト・ネットビジネスをやっている私たちは、検索エンジンを通して、Googleにビジネスの場を提供してもらっているようなものです。だからこそ、Googleの行動理念や意志を尊重しながら行動しないといけません。

あまり小難しいことばかり考えてしまうと、なかなか前に進めなくなってしまいますが、ビジネスとしてブログを運営する以上、責任を持って情報を発信するという姿勢が大切だと思います。